エスモンズのオンラインストア

ロイヤルミャンマーのディナー訪問記!那覇のせんべろ街に立地する沖縄初のミャンマー料理店!

当ページのリンクには広告が含まれていることがあります。
ケージー

エスニックマガジン監修者のケージー(https://lit.link/kgethnicfood)です!

全国350店舗以上のエスニック料理店を訪問し、エスニック情報を日々発信しています!

今回は、安里駅から徒歩数分の距離にあるロイヤルミャンマーを紹介します。

那覇のせんべろ街「栄町市場」に立地する沖縄初のミャンマー料理店!

アットホームで本場ミャンマーの雰囲気が漂う店内で、本格的なミャンマー家庭料理を味わえます。

そんな「ロイヤルミャンマー」さんにランチで訪問した感想をまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ケージー

今回はエスマガ運営メンバーのぐちをさんによる訪問記となります!

アジアン雑貨・バリ家具で美と癒しをあなたの空間へ!タップで詳細をチェック!

アジアンインテリア「LOOPループ」では、バリ島から直輸入した無垢材のアジアン家具や、自然素材のインテリア雑貨を販売!

高品質なガーデン家具に上質なウォーターヒヤシンス家具、そして美しいチーク材の家具などが売筋商品となってます◎

     \ おすすめポイント

  • 家具から雑貨まで、1000種類以上の商品を取り扱い!
  • アジアンインテリアでもなかなか見かけないコアな商品も販売!
  • 自然素材の温もりや、手仕事の繊細さを愛するお客様からの支持多数!
  • 家具のセミオーダーが可能で、こだわりのライフスタイルに合わせられる!
  • 横浜みなとみらいに実店舗あり!横浜からアジアンなライフスタイルをお届け!

以下の公式オンラインストアから即日注文可能なので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

1000種以上の品揃え!
創業20年以上のアジアン家具・バリ雑貨専門店

目次

ロイヤルミャンマーの外観と店内の様子

ロイヤルミャンマーの看板
ロイヤルミャンマーの看板

ロイヤルミャンマーは、ゆいレールの安里駅から徒歩4〜5分でアクセスできます。

せんべろ街として有名な栄町市場の中にあり、周辺は沖縄料理や和食のお店が多いなか、唯一無二のミャンマー料理屋ということでひときわ異彩を放っています笑

ぐちを

わかりやすい看板もあるので、お店は見つけやすいです!

ロイヤルミャンマーの店内
ロイヤルミャンマーの店内

店内にはミャンマーの雑貨や写真がたくさん飾られていて、かなりの異国情緒ある雰囲気となってます!

ミャンマーに行ったことがある方は、懐かしい雰囲気になること間違いなしですね♪

行ったことがない方でも、現地の雰囲気がなんとなく味わえるような空間となっています。

席数はそれほど多くはなく、5席ほどあるカウンターと、3つほどテーブル席があるのみ。

混雑時は埋まっている可能性もあるので、注意してくださいね。

ぐちを

沖縄でこれほどまでコテコテのミャンマーが味わえるとは…笑

ロイヤルミャンマーのディナーメニュー

ロイヤルミャンマーのメニュー①
ロイヤルミャンマーのメニュー①
ロイヤルミャンマーのメニュー②
ロイヤルミャンマーのメニュー②
ロイヤルミャンマーのメニュー③
ロイヤルミャンマーのメニュー③
ロイヤルミャンマーのメニュー④
ロイヤルミャンマーのメニュー④
ランチメニュー(価格は訪問時)
  1. ビール:400円〜
  2. ミャンマーウィスキー:600円
  3. サワー類:450円
  4. 泡盛:350円〜
  5. ソフトドリンク:350円
  6. ロイヤルミャンマーサラダ:750円
  7. ラペトゥ(お茶の葉サラダ):950円
  8. ティンボーティートゥ(ミャンマー風パパイヤサラダ):750円
  9. ポテトフライ:500円
  10. チキン唐揚げ:750円
  11. ミャンマー風サモサ:750円
  12. 焼きビーフン:950円
  13. ミャンマー味の豚肉スモークとタマリンドソース:950円
  14. チャッヒンガーティチョウ(ミャンマー風ゴーヤ炒め):750円
  15. 手作りひよこ豆豆腐とタマリンドソース:750円
  16. ミャンマーのピーナッツと揚げニンニク:650円
  17. チャッウムエチョウ(ミャンマー風オムレツ):650円
  18. シャンカウスェー:950円
  19. ミャンマーカレー:950円
  20. ラペタミンチョウ(お茶の葉と海老のチャーハン):950円
  21. モヒンガー(ナマズ魚と米麺のスープ):950円
  22. せんべろセット(ドリンク2杯+おつまみ2品):1,000円

ロイヤルミャンマーは、ミャンマー料理を中心とした食事のメニューを豊富に取り揃えてます。

馴染みのないメニューが多いと思いますが、全ての食事メニューが写真付きなので、比較的注文はしやすいですね!

沖縄らしいメニューも一部あるので、東京で味わうミャンマー料理屋さんとはまた違った楽しみ方もできますよ。

また、せんべろ街に立地しているので、お酒類も豊富。

ドリンク2杯とおつまみ2品(単品メニューより量は少なめ)が付くお得な「せんべろセット」まであるのは、沖縄のミャンマー料理らしいと思いました♪

ぐちを

2軒目とかで、せんべろセットを中心に利用するのもおすすめ!

ロイヤルミャンマーのディナーメニューを食レポ!

今回のディナー訪問では、以下を注文しました!

オリオン生ビール

ロイヤルミャンマーの「オリオン生ビール」
ロイヤルミャンマーの「オリオン生ビール」

今回は飲み会での訪問だったので、まずはビールから!

ミャンマーのビールは置いてなかったので、代わりに沖縄のオリオンビールをいただくことにしました!

日本のビールの中では比較的軽めの味付けで、東南アジアのビールらしさもあります。

生1杯が400円で飲めるところもGoodです👍

ぐちを

結局この日はずっとオリオンビールを飲んでました!笑

ラペトゥ(お茶の葉サラダ)

ロイヤルミャンマーの「ラペトゥ(お茶の葉サラダ)」
ロイヤルミャンマーの「ラペトゥ(お茶の葉サラダ)」

ラペトゥ(ラペットゥ)は、お茶の葉が入ったサラダのこと。

ミャンマーの国民食とも言える料理で、ロイヤルミャンマーでも中心メニューの1つとなってました!

お茶の葉以外には、

  • カシューナッツ
  • キャベツ
  • トマト

が入っていることが多いです。

お茶の葉を食べる経験は日本ではなかなかできないので、お店へ来た際にはぜひ試してみてください!

ぐちを

これ、良い酒のつまみにもなるんです…

ミャンマー風サモサ

ロイヤルミャンマーの「ミャンマー風サモサ」
ロイヤルミャンマーの「ミャンマー風サモサ」

ミャンマー風サモサも注文してみました。

インド料理のイメージが強いサモサですが、インドのお隣りミャンマーでもよく見られる料理ですね。

インドのサモサよりスパイスの風味は控えめで、独自のソース(おそらく醤油がベース)と合わせて食べるのが斬新でした!

アツアツ & サクサクの状態で出てきて、とても美味しかったです…。

ミャンマー味の豚肉スモークとタマリンドソース

ロイヤルミャンマーの「ミャンマー味の豚肉スモークとタマリンドソース」
ロイヤルミャンマーの「ミャンマー味の豚肉スモークとタマリンドソース」

こちらは、ミャンマー味の豚肉スモークとタマリンドソースです。

タマリンドとは、熱帯地域でよく見られるマメ科のフルーツで、甘酸っぱくて独特な風味が特徴。

ミャンマーでは、このタマリンドを原料に作るタマリンドソースを料理によく使います。

ちょっと風味は独特ですが、豚肉との相性は抜群でした!

ぐちを

初心者向きではないですが、エスニック好きならハマるかもしれません!

ミャンマー風オムレツとピーナッツ(せんべろセット)

ロイヤルミャンマーの「ミャンマー風オムレツとピーナッツ」
ロイヤルミャンマーの「ミャンマー風オムレツとピーナッツ」

この辺りで単品のビールでは物足りなくなってきたので、思い切ってせんべろセットに切り替えました!

おつまみはミャンマー風オムレツミャンマーピーナッツの2種類に。

ミャンマーは、実はカシューナッツやピーナッツなどのナッツ類もよく食べられている国です。

カリカリとした食感に香ばしいナッツの風味が、酒のつまみにはたまりませんね!

ミャンマー風オムレツは、中にパクチーが結構しっかりめに入ってました。

ぐちを

パクチー好きの自分にとっては、激ウマな一品でした…!

モヒンガー(ナマズ魚と米麺のスープ)

ロイヤルミャンマーの「モヒンガー」
ロイヤルミャンマーの「モヒンガー」

モヒンガーは、ミャンマーでは主に朝食として日常的に食べられる麺料理です。

最大の特徴は、ナマズの出汁からとったスープと、米粉の麺を用いているところ…!

ベトナム料理のフォーに近からず遠からずといった感じで、ちょっと独特な味付けがむしろクセにもなってしまいます…。

お腹に多少の余裕があったら、ぜひ注文してみてください!

シャンカウスェー

ロイヤルミャンマーの「シャンカオスエ」
ロイヤルミャンマーの「シャンカオスエ」

最後は、シャンカウスェー(シャンカオスエ)で〆ました!

こちらはミャンマー東部のシャン州という地域発祥の麺料理で、地方料理ですがミャンマー全土でよく見かけます。

脂っこい料理が多いミャンマーでは珍しく油分控えめの料理なので、日本人にも食べやすいのが特徴ですね!

「スープあり」が一般的ですが、ロイヤルミャンマーでは「スープなし」で出てきました。

ロイヤルミャンマーの「シャンカオスエ」
ロイヤルミャンマーの「シャンカオスエ」

日本の汁なし混ぜ麺と同じように、混ぜ混ぜしていただきます。

ちょっとスパイスが効いたタレが麺とよく絡み、また具材もたっぷりで食べ応えがありました!

ただし、ロイヤルミャンマーのシェフはシャン州出身の人ではないようで、本場とは違うアレンジが効いたような印象はありましたね。

これはこれで美味しいので、先ほどのモヒンガーと合わせて、お腹に余裕があったらぜひ食べてみてください♪

ぐちを

日本で本場に近いシャンカオスエをお探しなら、東京の高田馬場にあるミャンマー・シャン料理屋「ノングインレイ」がおすすめですよ。

ロイヤルミャンマーの詳細・アクセス・場所

店名ロイヤルミャンマー
公式サイトhttps://royal-myanmar.jp/
電話番号098-884-5711
住所沖縄県那覇市安里384-5 栄町市場
アクセス安里駅から135m
営業時間火・水・木・金・土
11:30 – 15:00
18:00 – 23:00


11:30 – 15:00
定休日月曜日
予算■ディナー
¥1,000~1,999
支払い方法カード不可
「ロイヤルミャンマー」の詳細とアクセス

場所

※ 当サイトは「にほんブログ村」に参加しています。以下バナーをクリックいただけると運営の励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エスニックマガジン運営メンバーの「ぐちを」です!出身は埼玉県さいたま市で、自分も大学時代はバックパックを背負ってさまざまな国を訪れました。東南アジアはもちろん、中東やアフリカにも足を運び、これまでたくさんのエスニック料理に触れてきた経験があります!こちらのメディアではサポートなど裏方の業務を主に務めてますので、みなさまの前に顔を出す機会は少ないですが、ケージーと共に質の高いコンテンツを作っていく所存ですので何卒よろしくお願いします。当メディア以外にも、個人でブログやYouTubeの運営、各種SNSをやってますので、合わせてチェックしていただけると嬉しいです^^

目次